total  Todaytoday  Yesterdayyesterday
| Home | ニュース | 支部長 | 小田原道場 | 秦野道場 | 大磯道場 | 三島道場 | 入会案内 | Photo | Link | 問合せ |


西湘支部 入会

Q.小田原道場に入会したら小田原でしか稽古はできないのですか?

A.いいえ。西湘支部内のすべての道場の稽古に参加できます。また、月何回稽古に参加しても構いません。

Q.子供を習わせたいのですが、何歳から入門できますか?

A.5〜6歳を目安としております。(年長後半〜)個人差もありますので 体験入会をお薦め致します。自分で空手をやりたいと思う気持ちが大切です。

Q.40代なのですが今から空手をはじめても大丈夫でしょうか?

A.はい。40代から空手を始めた方もたくさんいます。 稽古では自分の体力・体調に合わせて途中休むこともできます。ご自身のペースでゆっくり鍛えることが大切です。

Q.体験入会をしたいのですがどうしたらいいでしょう?

A.体験入会は常時受け付けています。特に事前の連絡も必要ありません。 稽古時間の10分ぐらい前にいらして、体験入会希望の旨を指導員にお伝えください。 Tシャツやジャージなどの運動のできる服装とタオルをお持ちください。 来られる前に、ごく軽く食事をしておいたほうがいいと思います。

Q.女性のクラスはないのですか?

A.現在は女子クラスは設けていません。  西湘支部では女性でも、また年代が上の方でもその人の力に応じて稽古内容を変えていますので、安心して稽古に臨めます。  また、性別・年令が違う仲間がお互いを思いやって稽古をすることも、極真空手を通じて学べる大切なことと考えています。

Q.どのくらいで黒帯になれますか?

A.最短で2年半で取得が可能です。 もちろん白帯から徐々に帯を上げていかなくてはなりません。ぜひ最短記録にチャレンジしてみてください!



入会のご案内

入会に先立ち、自由に見学・体験入会ができますのでお気軽にお越しください。

■月会費について■

 一般
(高校生以上)
少年
(中学生以下)
シニア
(50歳以上)
小田原・大磯道場8800円6800円5800円
三島・秦野道場6000円4000円5500円

お得なファミリー割引制度があります
親子(一般+少年)で入会の場合‥1000円割引
子供2名(少年+少年)で入会の場合‥2000円割引
家族3人で入会の場合‥3000円割引
家族4人目以降‥無料 
※三島・秦野道場は上記金額の半額の割引です

 月会費は毎月前月27日に銀行引落としでお支払い頂きます。
(例‥4月分会費は3月27日に引落とし)

 『預金口座振替依頼書』(道場にあります)のご記入、ご提出は入会時に必ずお済ませください。
なお、銀行自動引落とし開始までの事務手続きに約2ヶ月を要しますので、ご入会時に入会月分と 翌月分の会費をお支払いいただき、3ヶ月目からは銀行自動引落としとなります。
また、月半ばからのご入会の際は、入会月の会費は半額となります。

■入会時に必要なもの■

 @入会申込書(道場にあります。ご記入の上、提出してください。)
 A入会金 このHPをご覧になった方は無料!
 B顔写真2枚(3×4センチ)
 C入会月分の会費翌月分の会費
 D会費引落し口座番号と届出印
 E身分証のコピー(現住所が書かれているもの)
 F道着代 10000円
 Gスポーツ保険代 大人:3800円 少年:2800円(年間)
 Hサポーター代 大人用:10700円 少年用:9400円
  ※小学生はヘッドガード10300円を後日購入していただきます
  ※持っている場合はそちらを使ってもらって構いません


■極真会館総本部会員登録制度■

 西湘支部へのご入会と同時に、極真会館総本部への会員登録をして頂きます。
この会員登録をすることによって、昇級・昇段審査が受審でき、その結果が総本部に登録されます。 写真入り会員証の発行、会員向けの極真オリジナルグッズプレゼント等の特典もあります。

総本部会員登録 年会費 10800円/年
●会員登録申込み後、極真会館総本部より指定口座から引き落とされます。
●ファミリー割引制度もありますので道場でお尋ねください。


■休会・退会について■

 休会・退会をされる場合は、必ず休会・退会する月の前月の5日までに道場にて休会届・
退会届にご記入ください。    ※お電話での受付はいたしません。
 休会中の月会費は一般2000円・少年1000円となります。
なお、5日を過ぎてからの申込みの場合は翌々月の休会・退会となりますのでご注意ください。



backtotop

Copyright 2016 International Karate Organization Kyokushinkaikan Seisho Branch